東芝/162億円投じ、横浜にリチウムイオン電池の新工場建設

2018年10月16日 

東芝は10月16日、グループのリチウムイオン二次電池事業の生産体制強化のため、横浜市磯子区の横浜事業所内に新工場を建設すると発表した。

子会社の東芝インフラシステムズは、同社が開発したリチウムイオン電池「SCiB」を、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)、鉄道車両、電力用途向けに製造・販売している。

今後の市場拡大が見込まれるため、現在、製造を担う新潟県柏崎市にあるTISS柏崎工場に加えて、新たに東芝横浜事業所内に工場を建設する。

新工場は、今後の国内外での事業拡大を前提に、製品・製造に係る技術等開発をも担う拠点として位置付ける予定。

グループでは、今後も、急速充電性能、長寿命、安全性等を特長とするリチウムイオン電池「SCiB」の生産体制を強化していくとしている。

■概要
所在地:神奈川県横浜市磯子区新杉田町8 東芝横浜事業所内
投資概要:鉄骨造3階建 延床面積2万7000m2
投資金額:162億円(建屋及び設備)
着工予定:2019年7月(予定)
稼働予定:2020年10月(予定)

最新ニュース