ZMP/不整地運搬車の無人自動運転を実現

2018年10月16日 

ZMPは10月16日、小松製作所(コマツ)と不整地運搬車「クローラダンプCF-1」の無人自動運転化を共同開発により実現したと発表した。

<不整地運搬車「クローラダンプCF-1」無人自動運転モデル>
不整地運搬車「クローラダンプCF-1」無人自動運転モデル

無人自動運転化した不整地運搬車「クローラダンプCF-1」には、ZMPの自動運転ソフトウェアIZAC、GPS(GNSS)、ステレオカメラなどの各種センサを搭載し、自動運転に必要な車両制御、自己位置推定、物体検知、走行経路計画生成、WiFi機器を利用した車車間通信技術を搭載している。

建機を利用する現場では、効率性の高い作業を求められるが、自動運転の導入により、正確な目的地への到達など無駄な動きを低減した作業を繰り返し行えることとなる。

人のスキル・ノウハウに依存しない自動運転の導入により、不足するオペレーターを補うことも可能となる技術だ。

「クローラダンプCF-1」が実現した自動走行は、油圧ショベルやブルドーザーが待つ指定目標座標位置へ正確に到達すること(座標、進入角度)が求められ、ZMPはこれを実現するための自律移動技術の提供を行った。

自動運転プラットフォームRoboCarシリーズで培った、車両制御技術、また自動運転ソフトウェアIZAC開発で得られた自己位置推定技術や目標位置への経路生成技術、車車間通信技術を提供し、油圧ショベルやブルドーザーとの一連の作業の自動化を実現している。

なお、「クローラダンプCF-1」無人自動運転による実機デモンストレーションをCEATEC JAPAN 2018コマツブースで、ライブ中継を実施する。

■CEATEC JAPAN 2018
https://www.ceatec.com/ja/

最新ニュース