日本フルハーフ/セミトレーラの走行装置をリコール

2018年10月15日 

日本フルハーフは10月15日、国土交通省にセミトレーラの走行装置のリコールを届け出た。

不具合の部分は走行装置(ホイールベアリング)。

セミトレーラの走行装置において、製造時の作業が不適切なため、ホイールベアリングへのグリス充填が不足しているものがある。

そのため、潤滑不足によりホイールベアリングが変色し、そのままの状態で使用を続けると、ホイールベアリングが焼付き、最悪の場合、火災又は脱輪するおそれがある。

全車両、ホイールベアリングを点検し、グリス量が不足している場合は、グリスを追加充填する。また、ホイールベアリングが変色している場合は、新品のホイールベアリングと交換する。

リコール対象車の台数は計158台。不具合の件数は16件、事故は無し。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001256759.pdf

最新ニュース