商船三井ほか/運航データ利活用に向けたプロジェクト開始

2018年10月15日 

商船三井、三井E&S造船、ウェザーニューズの3社は10月15日、運航データ利活用に向けたプロジェクト「FOCUS」(Fleet OptimalControl Unified System)を始動させたと発表した。

<FOCUSイメージ図>
FOCUSイメージ図

IoT やビッグデータなどICT が急速に発展し、海上と船舶・陸上間でのデータ利活用が広がっているなか、三井E&Sは、このプロジェクトを通じて、運航データ活用の船陸間プラットフォームを構築する。

商船三井の運航船150隻から実海域での詳細な航海・機関データを収集し、クラウド上にデータ保管のうえ、3社の実績と知見を集結して高度な運航モニタリングや推進性能分析のアプリケーションを開発する。

船陸間の連携を一層深度化させるユーザーフレンドリーなアプリケーションを通じて、更なる安全運航強化、環境負荷低減を実現する。

今後、「FOCUS」を通じて、機関状態診断・故障予兆診断技術の活用によるCBM化、運航船の音声・映像情報の陸上への配信による洋上の見える化、AI技術の活用による運航の最適化、デジタルツイン技術の活用による船舶管理の強化等、継続的に実運航データを活用した有効性のあるアプリケーションの拡充に努める。

最新ニュース