プロロジス/コンサルティング専門チームを新設

2018年10月10日 

プロロジスは10月10日、物流ソリューションサービスを提供するコンサルティング専門チームを新設したと発表した。

入居カスタマーや入居を検討している企業を対象に、業務改善や物流拠点の立ち上げをサポートする物流ソリューションサービスの提供を開始する。

新チームは、eコマースのフルフィルメントセンター立ち上げ経験のあるスペシャリストで構成され、今後はロボットやマテハンを活用した省人化を推し進めるため、庫内設計支援にも注力、センシング技術による、業務改善やロボット導入を検討しているカスタマーに対して、コンサルティングサービスを提供する。

すでに複数のカスタマーに新サービスの提供が決まっている。

<サービス概要図>
サービス概要図

コンサルティングサービスの主な内容は、「新拠点における作業方式の提案、庫内レイアウト設計の支援」、「マテハンめロボット導入の計画/選定などのプロジェクト推進支援」、「稼働中のオペレーション業務分析およびプロセス改善の提案」、「統廃合やリロケーションにおける輸配送シミュレーション支援む、「稼働後のフォローおよび運営支援サービス」となっている。

なお、この取り組みは、物流業界を取り巻く環境が、eコマースの急激な拡大による再配達の増加や労働力不足に伴うロボット化、そしてAIやIoT化の流れにより、複雑化・高度化していることによる。

同社はすでに、施設でのAGV(無人搬送ロボット)導入支援や、トラックバースの使用状況が確認できる「スマートバースシステム」、入居カスタマー向けのポータルウェブサイト「プロロジスナビ」など、カスタマーへのサービス向上を目的とし、最先端技術を活用したさまざまな取り組みを行っている。

カスタマーニーズが多様化する中、プロロジスが従来提供してきた特定企業向けの施設設計・開発と運営サポートに加え、庫内設計と業務改善に踏み込んだ物流ソリューションサービスを提供することで、プロロジスが永年にわたり培ってきたノウハウとデータを活用し、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)のさらなる向上を目指すとしている。

最新ニュース

物流用語集