日立製作所/三井物産とAI用いた配送計画立案システムを共同実証

2018年10月10日 

日立製作所は10月9日、三井物産とAIを活用した配送計画立案システムの共同実証を行うと発表した。

<配送業務最適化に向けた協創の概念図>
配送業務最適化に向けた協創の概念図

現状、熟練者の経験に頼っている配送計画の立案について、熟練者に依存せず、最適な配送計画を立案するシステムを構築。

11月から、三井物産グループの事業会社が手がける小売業向け配送業務とレンタル集配送業務を対象にシステムを導入し、効果を検証する。

具体的には、配送実務を細かく分析し、重要な条件(納品日時、物流センター・拠点位置、走行ルート・時間、渋滞、積荷・滞店時間、車格、ドライバー条件など)を全て変数化するとともに、熟練者の経験を取り入れた配送計画の自動立案アルゴリズムを実運用に適用し、配送計画の実効性を高める。

また、これらのデータの収集・分析にIoTやAIを用いて計画の精度を継続的に高めるとともに、ダッシュボードでKPI可視化の有効性を検証する。

両社は、三井物産グループの事業会社が運営する物流倉庫2棟で、半年間の実績データとシミュレーションを行い、AIなどのデジタル技術を用いて配送業務を最適化・効率化する検討を進めてきた。

その結果、従来比でトラック台数を最大10%削減でき、かつ短時間に熟練者と同等かそれ以上に実行性のある配送計画の立案が可能との見通しを得たことから、実証試験の実施を決めた。

今後、三井物産グループは、2019年度をめどにAIを活用した配送計画立案システムの本格導入を進める予定。

また、日立製作所は共同実証による成果を、デジタルイノベーションを加速するためのデジタル技術を活用したテクノロジー「Lumada」の物流分野向けソリューションに取り込み、さまざまな業界向けにサービスを提供していく方針だ。

最新ニュース

物流用語集