阪急阪神エクス/インドネシアで保税物流センターのライセンス取得

2018年10月09日 

阪急阪神エクスプレスは10月9日、インドネシア現地法人・阪急阪神ロジスティクス インドネシアが、10月4日にインドネシア税関総局から、保税物流センター(PLB*1)のライセンスを、ジャカルタ近郊に位置するMM2100倉庫で取得したと発表した。

<倉庫外観>
倉庫外観

PLBは、インドネシア政府の経済政策の一環として国内製造業の競争力強化並びに、ASEAN諸国内での物流ハブ化を目的に2015年に制定された。

これにより蔵置期間が最長3年、通関手続きの簡便化による貨物の迅速な引取りなどのメリットがあり、より高品質な物流サービスの提供が可能となる。

■概要
名称:阪急阪神ロジスティクス インドネシアMM2100 倉庫
所在地:インドネシア西ジャワ州ブカシ県 MM2100 工業団地
Kawasan Industrial MM2100, Jl. Bali Blok O-1-2,
Cikarang Barat, Bekasi 17520 West Java, Indonesia
TEL:+62-21-2808 0251
延床面積:1万1855m2(鉄筋コンクリート造・平屋造)
PLBエリア面積:1万41m2(内倉庫面積は6900m2)

最新ニュース

物流用語集