東芝テック/Solution Seminar & Fair 2018 in 関西、11月15日開催、AIロボット事例

2018年10月09日 

東芝テックは11月15日、「Solution Seminar & Fair 2018 in 関西」を開催する。

「製造・物流から店舗まで一気通貫」をテーマに掲げ、コンパクトなバーコードプリンタや、東芝テックの独自技術を駆使したRFID、ビーコン端末などの活用で、製造から店舗までの流れをトータルにサポートする自動認識ソリューションを紹介する。

■開催概要
日時:11月15日(木)10:00~18:00 
会場:新大阪ワシントンホテルプラザ  
大阪市淀川区西中島 5-5-15 2F
入場:無料(事前登録制)
申込締切:11月9日(金)

■詳細・申し込み
http://www.toshibatec.co.jp/event/info/651381010181115/

■プログラム
IoTセミナー 11:00~12:00 (定員130名・無料)
「スマートデバイス*IoTによる製造現場の見える化と改善」
作業者の動作情報の分析により、「ノウハウの蓄積」、「ムダのない最適な動作」に向けて、生産プロセス改善に取り組みやすくなります。
作業者の動きをデジタルデータ化し、分析するソリューション「スマートロガー(TMマーク)」を紹介致します。
AGC
高橋正人氏

物流セミナー 12:45~13:45 (定員130名・無料)
「AIロボットソリューションのご紹介」
倉庫物流の自動化をリードするロボット物流ソリューションを「人件費・管理コスト・作業場における効率」「ピッキング・搬送、仕分けの面から改善」の観点から、運用による効果・導入事例を紹介致します。
ギークプラス 
佐藤智裕氏

特別講演 14:30~16:00 (定員130名・無料)
「日本経済のゆくえ~世の中の流れ~」
慶応義塾大学大学院
メディアデザイン研究科教授 岸博幸氏

<岸 博幸氏>
岸 博幸氏

RFIDセミナー 16:30~17:30 (定員130名・無料)
「RFID活用事例のご紹介」
RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。バーコードでの運用と比較して、電波でタグを複数一気にスキャンすることができ、電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。
本セミナーでは、工場内でRFIDを用い、運行・稼働の見える化、遅延・故障予知等を実稼働している事例をご紹介致します。
デンソーウェーブ 
竹内弘好氏

※上記セミナーは定員になり次第締め切る。

■展示会場(「自動化」「省力化」により業務改善を促す様々な製品を展示)
・物流業向けソリューション
物流現場の「入庫・出庫の合理化」「ピッキング・ラべリングの効率化」など業務改善のヒントになる商材・技術を体感できる。

・製造業向けソリューション
製造業におけるIoT技術の活用、「現場の見える化」などものづくり現場の改善ヒントになる商材・技術を体感できる。

・全般
現場を熟知したソリューションプロバイダーとして、SCMのトータルな情報システムの構築を強力にサポートする。
  
■問い合わせ
東芝テック
関西支社営業推進部 
担当:真枝・熊田
TEL:06-4807-6500 
大阪市淀川区宮原4-1-6 アクロス新大阪7F

最新ニュース

物流用語集