米インフォア/次世代サプライチェーンのソリューション発表

2018年10月05日 

米国インフォアは10月5日、次世代サプライチェーンのための可視化とインテリジェンスのソリューション「Control Center」を発表した。

Control Centerは、データ駆動型で、自律的に学習し、一貫して信頼できるサプライチェーンを実現するソリューション。

Control Centerは、マルチエンタープライズ向けのクラウドベースのコマースネットワークとして世界最大規模を誇り、グローバル取引とサプライチェーンを管理できる「Infor GT Nexus Commerce Network」上のデータを、インフォアのAIプラットフォーム「Infor Coleman」と組み合わせることで、サイロ化した組織の壁を打破し、サプライチェーン管理者が実際に必要としている「ビジネスのスピード」で行動できるように支援する。

サプライチェーンをエンドツーエンドで可視化し、専門的なデータサイエンスを駆使した予測的かつ規範的なインテリジェンスを提供する。

日常業務で発生する情報の中から重要な情報だけをくみ取り、作業内容に応じた適正なデータを提供することで、迅速な意思決定と行動実行を支援する。

Control Centerのサプライチェーンを隅から隅まで可視化できる能力は、機械学習機能を伴うことで、将来起こり得るサプライチェーンの問題を予測し、早期に対処できるようになる。

さらに、製品や資材、オーダー、需要、資本の流れを、サプライネットワーク全体を通して継続的にモニタリングすることで、ビジネスチャンスをもたらす情報だけを検知する。AIと機械学習を組み合わせることで、ビジネスチャンスに必要な背景を元に、最善策を提案する。

最新ニュース

物流用語集