ナビタイム/トラックカーナビの位置共有機能を拡充

2018年10月04日 

ナビタイムジャパンは10月4日、Android OS/iOS向けトラック専用ナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」で、「位置共有機能」を拡充し、「ルート情報」と「走行軌跡」をユーザー間で共有できるようになったと発表した。

<サービスイメージ図>
サービスイメージ図

「位置共有機能」とは、「トラックカーナビ」を使っているユーザー間で、お互いの情報をリアルタイムに共有して”つながる”機能。現在地、移動速度、目的地、到着予想時刻などを、最大50名のユーザーと共有できる。

走行中のナビゲーション画面を、高速・一般ルートに色分けし、次の目的地をGアイコンで表示する。仲間が走っているルートを簡単に把握でき、あとどのくらいで配送先に到着するかといったことをよりイメージしやすくなる。

また、実際に走行した地点を軌跡として地図上に表示する。これにより仲間が実際にどの道を走行してきたのか知ることができる。別の画面に切り替えて確認するなどの手間なく、走行中に、簡単に位置共有が可能になる。

これらの対応により、トラックドライバー同士が、実際にどのようなルートで行くか、行ったかを視覚的に確認できるようになるため、確認作業を短縮でき、安心して走行する一助となる。今後も、ドライバー同士が有益な情報を共有できる”つながる”トラックの機能を強化していき、ドライバーの業務をサポートしていくとしている。

この機能は、「トラックカーナビ」アプリ内で実施したアンケートで約20%が「位置情報共有機能がほしい」と回答し、機能開発を進めてきたもの。さらに、共有したい情報の中で「ルート情報」「走行軌跡」といった声が多かったため、機能拡充に至った。

<トラックの日キャンペーン>
トラックの日キャンペーン

なお、トラックの日(10月9日)にあわせて、キャンペーンを実施。期間限定(10/9~10/30)で、オリジナルスペシャル3Dアイコンイをプレゼントする。デザインの詳細は、キャンペーン開始当日に公開する。TOPページ→ドロワーメニュー→設定→→地図→自車位置アイコン変更、の操作で対象の自車位置アイコンを使える。

■トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」ダウンロード
価格:ダウンロード無料、月額700円(税抜)から
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/id1147473077?mt=8

Android OS
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimetruck

■法人事業者向け「トラックカーナビ」アプリIDライセンス
事業所単位で複数IDを求めることが可能。
ライセンスアカウントを入力すると、無料機能/有料機能のすべての機能を使える。https://inquiry.navitime.co.jp/truckcarnavi/bussiness.html?from=truckcarnavi_site

最新ニュース

物流用語集