兼松/インドネシア・ジャカルタ市内でコールドチェーン事業に参入

2018年10月04日 

兼松は10月4日、出資するインドネシアの総合物流会社 PT.DUNIA EXPRESSTRANSINDO (DUNEX)がジャカルタ北部SUNTERの本社敷地内に冷蔵・冷凍・低温の3温度帯対応の冷凍冷蔵倉庫を竣工、10月5日から操業を開始すると発表した。

<竣工した冷凍冷蔵倉庫の外観>
竣工した冷凍冷蔵倉庫の外観

<冷凍冷蔵倉庫の立地>
冷凍冷蔵倉庫の立地

DUNEXの冷凍冷蔵倉庫は、輸出入の拠点となるタンジュンプリオク港から約5km、インドネシア最大の消費地であるジャカルタ市中心部からも至近の好立地に位置している。

DUNEXは2015年からジャカルタ市内のレストランやショッピングモール向けに兼松のグループ企業が製造する総菜や冷凍食品の冷凍トラックによる定期配送を実施してきた。

今回、自社で冷凍冷蔵倉庫を保有することにより、3温度帯での混載便の運行など、より高品質で効率的な冷凍・冷蔵食品の一貫輸送体制を構築する。また、イスラム教徒が大半を占めるインドネシアの国内市場に対応するため、ハラル認証も取得予定。

DUNEXは日系初の総合物流会社として1990年にインドネシア・ジャカルタ特別州で開業した。2016年3月に日系企業で最初にPLB(保税物流センター)事業者の認証を取得し、現在は自社トラック 680台、自社倉庫14棟 (総床面積約15万m2)、自社コンテナデポ3か所(総面積約5万m2)を有するなど、インドネシア最大規模の日系物流会社に成長したが、新たにコールドチェーン事業に本格的に参入することになった。

兼松では、中期ビジョン「future 135」で「アジア食市場の深耕」を注力分野の一つに掲げている。DUNEX が整備したコールドチェーンのインフラを活用してインドネシア国内の食品ビジネスで「フードバリューチェーン」の構築を推進すると同時に、食品工場設立等の新規投資を同国内に呼び込み、インドネシアでの食品ビジネスの商流と物流の更なるシナジー効果を追求していくとしている。

■概要
冷凍冷蔵倉庫の仕様
延床面積:8336m2
保管可能パレット:1万2558
区画:9区画(5度~マイナス25度可変対応)
ドックシェルター:14基

最新ニュース