郵船ロジ/介護支援制度を拡充、多様な働き方の実現を支援

2018年10月04日 

郵船ロジスティクスは10月4日、介護に直面した社員が離職することなく働き続けられるよう、2018年9月に介護休職と介護短時間勤務制度に関する社内規程を改定し、介護支援制度を拡充したと発表した。

これまで介護短時間勤務制度の利用は365日間を上限としていたが、今回の改正により利用期間の制限を撤廃した。

介護が長期にわたる場合でも、介護の必要な期間は介護短時間勤務が続けられるようになる。加えて、所定勤務時間も4種類から選べるようになり、勤務する時間も希望に合わせて選択が可能。

介護休職制度は、短時間勤務制度を利用した場合は、その間の日数も通算して365日までが利用期限だった。改正後は、介護短時間勤務を利用していた期間は介護休職期間に含まず、365日まで利用することができる。

最新ニュース

物流用語集