プロがお伝えするKPI設定とカイゼン手法講座/10月17日開催

2018年10月04日 

船井総研ロジは10月17日、「プロがお伝えするKPI設定とカイゼン手法―物流品質マネジメント―」をテーマに「Funai物流オープンカレッジ」を開催する。

コストが上昇しているからこそ!品質の向上が必要です。品質とコストの関係、品質改善のポイント、管理に必要なKPIとその手法を紹介する。

上昇する物流コストを抑えるために内部でできること。それは、「カイゼン」。作業能率や保管効率を改善させることで、今ある資産や人材でコストを抑えつつ生産性を向上させられる。

物流企業から選ばれる(仕事を引き受けてもらえる)荷主企業になるためにも、依頼する内容や自社の体制の“カイゼン”が必須。改善ポイントはどこか?どこから手をつければよいのか?プロの視点を伝える。

支援したカイゼンの成功例にとどまらず、コンサルタントがその情報網で集め見聞きした他社の成功事例を紹介する。

「なぜ、この企業はカイゼンが成功したのか?」コンサルタントならではの視点から解説する。

■開催概要
日時:10月17日(水)10:30~16:00(受付10:00~)
会場:船井総合研究所 五反田オフィス
   東京都品川区西五反田6-12-1
対象:物流経験:初級、中級
   業種:荷主企業(製造・卸・小売・通販)、物流子会社、3PL、情報システム企業、マテハン企業、物流不動産など
受講費:30,000円/1名(税抜)※昼食付
申込締め切り:10月10日(水)

■詳細・申し込み
http://www.f-logi.com/study/flogi_open_201810.php

■プログラム
第1講座 時流
・物流業界動向

船井総研ロジ
取締役執行役員兼ライン統括本部長 
赤峰 誠司

第2講座 品質管理における主要KPIとその管理手法
・品質管理の必要性
・品質とコストの関係
・物流品質改善のポイント
・物流管理に求められるKPI

船井総研ロジ
取締役執行役員兼ライン統括本部長 
赤峰 誠司

第3講座 物流“カイゼン”における、プロの視点
・改善ポイント抽出の視点
・保管効率改善のポイント
・作業能率向上のポイント

船井総研ロジ
ライン統括本部 コンサルティング事業部 
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー 普勝 知宏

第4講座 現場“カイゼン”におけるプロの視点と成功事例
・コンサルタントのカイゼン視点
・現場カイゼン成功事例

船井総研ロジ
ライン統括本部 コンサルティング事業部 
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー 普勝 知宏

第5講座 質疑応答
船井総研ロジ
取締役執行役員兼ライン統括本部長 
赤峰 誠司

船井総研ロジ
ライン統括本部ンサルティング事業部 
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー 普勝 知宏

■講師紹介
赤峰 誠司(あかみね せいじ)
船井総研ロジ
取締役執行役員兼ライン統括本部長
製造業・卸売・小売等、サプライチェーン全域に渡るロジスティックス戦略コンサルタント。荷主企業の物流戦略策定を得意とし、サプライチェーン全域における最適化を実行する。業界における時流発信者でもある。これまでご支援した物流コスト削減プロジェクトにおいては、成功率100%を誇る。AI・ロボティクス・ブロックチェーンをキーワードとした最新スマート・ロジスティックスの開発、研究を行っている。

普勝 知宏(ふかつ ともひろ)
船井総研ロジ
ライン統括本部 コンサルティング事業部 
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー
製造業や通販企業などの荷主企業に対し物流の改善提案を行い、物流拠点の見直しや物流業務委託先の再選定(物流コンペ)を進めてきた。物流拠点の見直しでは、コストやリードタイムだけでなく拠点BCP等のリスクも加味した提案を行っている。また、物流業務委託先選定ではRFPの作成支援・コンペ事務局などを実行し、定量・定性両面での物流会社評価を行う。現在は物流現場の作業生産性向上や保管効率向上、5Sの導入による倉庫管理の改善に注力しており、各社の物流現場に合わせた改善手法の提供を行っている。

■問合せ
船井総研ロジ
TEL:03-6212-2936(平日9:30~18:00)
college@f-logi.com

最新ニュース