ヤマト運輸/3.25万m2の新ターミナル、流山ベース新設

2018年10月03日 

ヤマト運輸は10月3日、北関東支社流山主管支店内に新しい物流ターミナル「流山ベース」を新設し、11月20日より稼働開始すると発表した。

<流山ベース>
流山ベース

<クロスペルトソータ(仕分け機器)>
クロスペルトソータ(仕分け機器)

<前詰め搬送機(ロールボックスパレット自動搬送機)>
前詰め搬送機(ロールボックスパレット自動搬送機)

同社は、4月1日、顧客へのサービス品質の維持・向上や、新たな人材の採用や社員の育成といった事業基盤強化のため、地域経営の中心である主管支店を再編し、特にECの拡大などによって宅配便の需要がますます高まる関東エリアには、流山主管支店を含む9主管支店を新たに新設したもの。

流山ベースは、圏央道や東京外環自動車道の延伸によって利便性が向上し、企業の製造拠点や物流拠点が集積する周辺地域の旺盛な物流需要に対応する。

常磐自動車道流山ICより約2.7kmと至近に位置し、複数の高速道路にアクセスしやすい立地と、最新鋭マテハンによる優れた仕分け能力によって、周辺地域のみならず、関東全域と東北・北海道の間を行き交う荷物の中継・集約機能を担う。

施設内に保育所が併設されているなど、より働きやすい環境が整備されている。

<位置図>
位置図>

■新ターミナルの基本情報
名称:流山ベース
所在地:千葉県流山市西深井1514-1(DPL流山1F)
敷地面積:6万6580.69m2※共用部含む
フロア面積:3万2507.79m2
稼働開始日:2018年11月20日
仕分け担当エリア:千葉県(我孫子市・柏市・流山市・野田市・松戸市)、茨城県(古河市・常総市・つくばみらい市・取手市・坂東市・守谷市・五霞町・境町)、 埼玉県(草加市・三郷市・八潮市・吉川市)

最新ニュース