地域商社やまぐち/高速バスで山口県産農産物を広島へ輸送

2018年10月03日 

地域商社やまぐちは10月2日、高速バスによる山口県産農産物の貨客混載輸送を実施すると発表した。

農産物の販路拡大や高速バスの生産性向上、山口県のPRなどが狙い。

防長交通の高速バスで、乗客とともに野菜や果物などを広島へ輸送し、広島バスセンターに納品し販売する。

初回の積載は10月8日となり、秋川牧園の契約農家で栽培された無農薬野菜を午前8:38に山口大学前を出発する高速バスのトランクに載せて運び、販売状況に応じて追加納品を行いながら販売する予定。

今後は毎月1回の定期的な納品を予定しており、対象を山口県内の他の生産者の農産物にも拡大していく計画だ。

■貨客混載事業の概要
実施路線:防長交通 山口→広島バスセンター路線
販売期間:10月8日~14日 ※初日は昼過ぎから販売開始予定
販売場所:広島バスセンター3階バスマチストア(広島市中区基町6-27)
営業時間:7:30~20:30(年中無休)

最新ニュース

物流用語集