日本郵船/仏石油・ガス大手の子会社とLNG船の用船契約

2018年10月02日 

日本郵船は10月2日、フランス石油・ガスメジャーTOTALの子会社Total Gas & Power Chartering Limited(TGPCL)と9月28日に、新造液化天然ガス(LNG)船1隻の定期用船契約を締結したと発表した。

韓国の三星重工業で2021年に竣工後、日本郵船からTGPCLに7年間(TGPCLに1年間の延長オプションあり)貸し出される。

新造船には、燃料油とボイルオフガス(航行中にカーゴタンク内で気化したLNG)を利用する二元燃料低速ディーゼル機関「X-DFエンジン」を搭載。

カーゴタンクは容量17万4000m3のメンブレン型で、ボイルオフ率を低く抑えることができる優れた防熱性能をもつタンク方式を採用する。

加えて、余剰ボイルオフガスを有効に利用する再液化装置を搭載し、効率的で経済的なLNG輸送を実現する。

■LNG船の概要
積載容量:17万4000立方m
全長:293m
全幅:45.8m
主機関:X-DFエンジン
航海速力:19.5ノット
建造造船所:三星重工業
竣工予定:2021年

最新ニュース