コグネックス/最大8m離れた2次元コードを読み取るバーコードリーダ

2018年10月01日 

コグネックスは10月1日、ハンドヘルド型バーコードリーダ、DataMan 8070シリーズ2機種「DataMan 8072DL」「DataMan 8072ER」を発表した。

<DataMan 8072>

DataMan 8072DLは、平坦な光沢面に刻印されたDPM(ダイレクトパーツマーキング)コードの読み取りに適している。

特許取得アルゴリズムと高性能センサと照明テクノロジを搭載し、コードやパーツを傾けることなく30cm離れた場所からの読み取りが可能。

DataMan 8072ERは最大8メートル離れた位置から、ラベルに印字された一次元と二次元コードを読み取ることができる。

高い棚の上に積まれたパレットのラベルや、倉庫の天井からつるされた伝票のスキャンに最適。

DataMan 8072ERは物流と倉庫アプリケーション用に設計されており、最大8メートル離れた箇所にあるラベル上の一次元バーコードや二次元コードも高い信頼性で読み取る。

最先端のアルゴリズム、リキッドレンズテクノロジ、高輝度LED照明、レーザー照明を装備し、遠距離スキャニングにも効果的に対応する。

いずれのモデルも頑丈な筐体を特長としており、工場や倉庫の厳しい環境にも耐えることができる。

どのような工場ネットワークにもシームレスに統合できるさまざまな通信モジュールを取り揃えている。

最新ニュース