ZMP/物流支援ロボットCarriRoに搭乗オプション追加

2018年10月23日 

ZMPは10月19日、物流支援ロボットCarriRoに搭乗オプション「CarriRo Ride」を追加し、受注を開始した。

<CarriRo Ride利用イメージ>

価格は30万円(税抜)の予定で、年末から出荷を開始する。

搭乗用のボードをCarriRoに連結し、ハンドル部のジョイスティックで動きを制御するCarriRoのドライブモードを活用することで、操作者は歩行の必要なく長距離の搬送や移動が可能になる。また、CarriRoのカルガモ(追従)モードを活用すれば、一度に複数台の荷物の運搬が可能になる。

ボードはCarriRoのハンドル下部に簡単に取り付け可能。100kgの乗員が搭乗した状態で、同時に最大100kgの荷物を荷台に載せて運ぶことができる。最大時速は6kmで、2時間半の充電によって8時間の連続稼動が可能。倉庫や工場のほか、駅や空港、ショッピングセンターなどでの利用を想定している。

最新ニュース