日本郵船/ノルウェー石油会社とシャトルタンカー2隻の定期用船契約

2018年09月28日 

日本郵船は9月28日、50%出資するノルウェーのクヌッツェン・エヌワイケイ・オフショア・タンカーズ社(KNOT社)が、ノルウェーの石油会社Equinor ASAとシャトルタンカー2隻の定期用船契約を締結したと発表した。

用船は2020年第2四半期に開始され、用船期間は最長20年間。

契約はブラジル海域で産出される原油のシャトル輸送を目的とし、現代重工業で建造される高性能のダイナミック・ポジショニング・システム(動的定点保持システム)を搭載した15万2000重量トン型スエズマックス・タンカーを投入する予定。

契約締結で、KNOTグループ傘下のシャトルタンカーは発注残を含め、合計で31隻となった。

シャトルタンカーは、別名フローティング・パイプライン(Floating Pipeline)とも呼ばれ、海底油田上にある石油生産・貯蔵・積出し施設などから海上で一定の距離を保ったまま油を積み込み、陸上の石油貯蔵基地や石油精製基地までピストン輸送するためのタンカー。

最新ニュース

物流用語集