日野自動車など/トラックのファイナンスリースで新会社

2018年09月28日 

日野自動車、トヨタファイナンス(TFC)、住友三井オートサービス(SMAS)の3社は、商用車領域で新会社「MOBILOTS(モビロッツ)」の設立に合意したと発表した。

<調印式>
調印式

<企業ロゴ>
企業ロゴ

企業ロゴ

TFCの日野キャプティブファイナンス事業と、SMASの東西ロジスティクス営業本部が行なっているトラック・バスのファイナンス・リース事業を集約し、来年2月に設立を予定している。

新会社は、TFCが持つトヨタグループの販売金融会社としてのノウハウと資金調達力、SMASが持つファイナンス・リースの高い専門性とマルチブランドを取り扱うことによる提案力、日野自動車が持つ車両やICTなどの技術力と日野車の販売・整備を通じた顧客とのつながりという組み合わせが強み。

現行のファイナンス・リースの提供に加え、コネクティッド技術など新しい技術を活用し、商用車を利用する顧客の多様化するニーズや課題に対して、カスタマイズされたトータルサポートを提供していく。

■会社概要
名称:MOBILOTS
本社所在地:東京都新宿区を予定
事業概要:商用トラック・バスのファイナンス・リース事業
株主構成:トヨタファイナンス50.1%、住友三井オートサービス33.4%、日野自動車16.5%
資本総額:150億円
従業員数:160名

最新ニュース

物流用語集