GLP/物流・産業用不動産の分野でインド最大手企業と戦略的提携

2018年09月28日 

GLPと物流・産業用不動産の分野でインド最大手のインドスペース社は9月28日、長期的な事業推進を視野に入れた戦略的業務提携を行うと発表した。

GLPはインドスペース社の事業パートナーとして同社事業を支援するだけでなく、同社が運用する投資事業にも共同出資する予定。一方、インドスペース社はGLPが有するファンドマネジメント、物流施設の開発、運営における知見やリソースのほか、グローバルでの豊富な顧客ネットワークを活用することで、インドにおけるマーケットリーダーとしての競争優位性を一層強化することが可能となる。

インドスペース社は現時点で20億米ドル(約2250億円)超の運用資産を有しており、今後さらに約1億2000万ftの先進的物流インフラ整備の新規案件に取り組むべく、新たな資金調達を予定している。

背景として、インドでは経済成長や小売、Eコマースの拡大に加え、物品・サービス税(GST)や「Make in India (メイク・イン・インディア)」といった中央政府による政策に支えられたサプライチェーンの近代化等により、物流施設に対する需要が伸張している。

インドでの先進的物流施設の開発や取得を目的として、インドスペース社およびカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード(CPPIB)により、ジョイントベンチャーのインドスペース・コア社が2017年に設立されたが、今回の提携を通じてGLPは同社に資本参加する予定だ。CPPIBはインドスペース・コア社に対し、約5億米ドル(約560億円)の投資を計画しており、同社持分の過半を有している。

エヴァーストーン・グループ(インドスペース社の共同創業者)共同創業者でCEOのSameer Sainは「インドスペース社は物流業界のグローバルリーダーであるGLPとの提携を大変喜ばしく思っている。GLPの知見、スケール、テクノロジーとグローバルなネットワークは当社にとって非常に有益であり、これらによって顧客や投資家に更なる価値を還元できるものと考えている」と述べている。

GLPの共同創業者と最高経営責任者であるミン・メイは、「この提携は極めて戦略的であり、両社にとって有益なもの。インドスペース社は企業としての価値観や文化を共有できる豊富な実績を有するパートナー。提携により、未だ成長途上にあり、急速に近代化が進むインドの物流業界で、GLPは迅速な投資プラットフォームの構築と同時に、物流エコシステムの一層の普及を実現していく」と述べている。

最新ニュース