福岡運輸HD/青森県の物流会社を子会社化、全国ネットワーク強化

2018年09月28日 

福岡運輸ホールディングスは9月28日、青森県青森市の八洲陸運の全株式を取得し、福岡運輸グループの一員となったと発表した。

<八洲陸運の冷凍冷蔵車両と倉庫>
八洲陸運の冷凍冷蔵車両と倉庫

本州北端の拠点は盛岡から青森まで伸び、福岡運輸グループが北海道から鹿児島まで、全国に有する定温物流事業の拠点は計35か所となった。

東北一円の拠点配置によって、福岡運輸グループの物流ネットワーク網は一層強化され、さらなる輸送能力の向上と物流サービスの提供が可能となる。

八洲陸運の荷主には、グループの物流ネットワークによる一貫した物流サービスを活用してもらえる。両社を合わせた東北での定温物流事業の売上高は、数年以内にに40億円を超える水準となる見通し。

なお、福岡運輸は2014年9月、盛岡に事業拠点を開設し、2017年9月には、仙台に定温倉庫を新設するなど東北エリアでの物流業務の拡大に取り組んできた。

八洲陸運は、設立から25年の歴史を持ち、東北エリアに強固な基盤を有する物流企業で冷凍冷蔵食品を中心に集荷から保管、配送まで一連のサービスを提供しており、これまでも定温物流事業において、福岡運輸との連携を行ってきた実績がある。

■概要
会社名:八洲陸運
本社住所:青森県青森市滝沢住吉28-7
設立年月:1993年11月
事業内容:冷凍冷蔵運送業・倉庫業
直近売上高:19億6500万円(2017年9月期)
従業員数:155名
車両台数:146台(冷凍冷蔵車両)
事業拠点:本社および物流センター
     八戸営業所及び物流センター
     仙台営業所
     札幌営業所
     秋田営業所

最新ニュース