大栄不動産/三菱商事都市開発から3温度帯食品物流センターを取得

2018年09月27日 

大栄不動産は、千葉県市川市の常温・冷蔵・冷凍の3温度帯に対応した食品物流センター「MCUD市川II物流施設」を、三菱商事都市開発から8月31日に取得した。

<MCUD市川II物流施設>
MCUD市川II物流施設

施設はSBSゼンツウが一棟利用しており、細やかな温度設定が可能で、厳密な温度管理・鮮度管理を必要とする商品のニーズにも対応可能。食品eコマースの需要拡大にも対応すべく、床荷重1.0トン/m2を確保している。

<周辺地図>
周辺地図

首都高速道路湾岸線の浦安ICまで3.6km、主要環状線の国道357号線まで500m、東京外郭環状道路の高谷JCTまで4.4kmに位置し、市川市、千葉市、船橋市などの県内大消費地のほか、東京都区部内、川崎市・横浜市、埼玉県内へのアクセスに優れている。

半径5km圏内の住民人口が57万人と従業員確保に優れる一方で、塩浜工業団地内に立地しているため365日24時間の稼働が可能で、物流効率化を実現できる環境となっている。

大栄不動産が東京湾岸に保有する物流倉庫は、2017年11月に神奈川県平塚市で取得したコンビニエンスストア向けBTS型物流センターに続き2棟目。

■施設概要
所在地:千葉県市川市塩浜3-32-3
アクセス:JR京葉線・市川塩浜駅から徒歩13分/新浦安駅から徒歩16分、首都高速道路湾岸線・浦安ICから3.6km
敷地面積:3302.73m2
延床面積:5124.92m2
構造:鉄骨造地上3階建
用途:3温度帯対応物流施設

最新ニュース

物流用語集