商船三井、ロールス・ロイス/船舶自律航行を瀬戸内海で実証実験

2018年09月26日 

商船三井は9月26日、英国Rolls-Royce Marineと、商船三井グループのフェリーさんふらわあが瀬戸内海で運航するフェリーで、アドバイス型障害物認識システム(Intelligence Awareness System、IAS)を搭載した実証実験を行ったと発表した。

<IASを試験搭載した「さんふらわあ」(神戸-大分航路)>
IASを試験搭載した「さんふらわあ」(神戸-大分航路)

実証実験は、自律航行に必要とされる見張りの高度化・自動化、遠隔操船・自動操船(自動避航)、自動離着桟、機器・貨物などの遠隔モニタリング、船舶間自動通信などの要素技術のうち、船橋からの見張りの高度化に関する研究を目的としたもの。

<IASのデータ処理・表示例>
IASのデータ処理・表示例

一般商船やプレジャーボート、漁船などが行き交う、世界有数の混雑海域である瀬戸内海で実施したことで、多くの障害物の検知やデータ融合の性能を検証できた。

乗組員からも「より確実な船橋からの見張りが期待できる」など評価を得ており、的確な情報提供ができる先進のユーザーインターフェースの考案を行なった。

商船三井は、研究開発プロジェクト「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIP PROJECT~」を推進し、環境負荷低減や安全運航に寄与する技術の開発・導入を進めている。

実証実験はその一環で、今後は、さらに瀬戸内海の航行に適した見張りの性能向上や悪天候下での性能を高めるため、海域データの取得を継続し、実用化に向けて研究を進めるとしている。

最新ニュース