日本郵船/小・中学校教員に大型操船シミュレーター体験などの企業研修

2018年09月21日 

日本郵船は9月21日、経済広報センターが主催する「教員の民間企業研修」として、東京都品川区教育委員会から教員10名を受け入れ、8月20日・21日の2日間にわたる企業研修を行ったと発表した。

<操船シミュレーター内>
操船シミュレーター内

<大井コンテナターミナル>
大井コンテナターミナル

<日本郵船氷川丸の船上>
日本郵船氷川丸の船上

研修では、事業の紹介や日本郵船が取り組む環境課題についての解説を行ったほか、日本海洋科学での大型操船シミュレーター体験や、日本郵船氷川丸・歴史博物館の訪問、大井コンテナターミナル見学を実施した。

参加した教員からは「普段見ることや体験できないことができた」「船のこと、運搬のことについて、さまざまな関係者から話を聞けた」「海運業の大切さに改めて気づくことができた」といった感想が寄せられた。

教員の民間企業研修は、学校の夏休み期間中、教員に企業活動の考え方や環境課題への取り組みなどについて理解を深めてもらい、研修体験を子どもた達に伝えてもらうとともに、今後の学校運営にいかすことを目的に実施されている。

最新ニュース