日本ロジファンド/GRESB不動産評価でGreenStar評価を取得

2018年09月21日 

日本ロジスティクスファンド投資法人は9月20日、2018年に実施された「GRESBリアルエステイト評価」で「GreenStar」評価を取得したと発表した。

環境・社会配慮やサステナビリティへの取り組みについて、「マネジメントと方針」「実行と計測」の両面で優れていると評価された。

GRESB(グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク)は、不動産ポートフォリオやインフラ等など含む実物資産の環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)への配慮を測る年次のベンチマークで、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設。

投資先の選定や投資先との対話にGRESBの評価データを活用する投資家メンバーは、現在75社以上(運用資産額18兆米ドル(約1980兆円、1米ドル=110円で換算))に上る。

最新ニュース

物流用語集