Hacobu/総合スーパーの物流拠点でMOVOのバース管理システム運用

2018年09月20日 

Hacobuは9月20日、物流情報プラットフォーム「MOVO」(ムーボ)のバース管理ソリューションが、9月から埼玉県久喜市にある大手GMS(総合スーパー)の関東地方向け主力物流拠点で運用開始されたと発表した。

<導入後の業務イメージ>
導入後の業務イメージ

バースの予約を登録する主体が納品事業者だけでなく、納品するドライバー自ら実施できる点が挙げられる。

他の大手GMSにおいても既に導入済みであるため、多くの納品事業者は同じ画面から予約先拠点を選択するだけで、いずれの物流拠点に対しても予約を作成することが可能となる。

これまで、多くの物流拠点でトラックの待機が常態化している大きな要因として、「車両を適切に誘導できていない」「いつ荷積/荷卸できるかわからない不信感から早めに到着してしまう」が挙げられる。

これらの要因を解消するため、9月から大手GMS物流拠点で、Hacobuの提供するバース管理ソリューションを導入し、納品事業者側と受入拠点側の協力関係をベースに、事前予約の作成から納品当日での物流拠点側での受付・誘導業務までを一貫してオンラインで実現する。

これにより接車時間枠の事前予約を標準化し、受付業務を簡略化することにより、ドライバーに信頼される「待たない物流センター」を実現する。

MOVOは、統合的な物流管理ソリューションとして輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指し、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供している。

最新ニュース

物流用語集