三菱ふそう/大型トラックに「レベル2」の自動運転機能導入

2018年09月20日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、メルセデス・ベンツブランドの大型トラック「アクトロス」に搭載される「レベル2」の自動運転機能を、2019年よりふそうの大型トラック「スーパーグレート」に搭載し発売すると発表した。

<現行のスーパーグレート>
現行のスーパーグレート

「レベル2」の自動運転システムは、ブレーキ、アクセル、ステアリングを個別に制御する。

特定の速度でのみ作動するシステムとは異なり、アクティブ・ドライブ・アシスト(ADA)は運転を部分的に自動制御する。

ADAはふそうの実績ある定速走行・車間距離制御装置をもとに構築されており、ストップ&ゴー制御機能や車線維持アシスト機能を備えている。このシステムにより、ドライバーの負担を大幅に軽減し、安全性が向上する。

新たな要素として、アクティブ緯度制御機能のほか、レーダーとカメラから得られる情報を融合し、あらゆる速度で縦方向と横方向の動きを制御する機能が加わった。

ABA5は前方車を含む障害物への衝突の危険が迫った時に必要に応じてフルブレーキ(急ブレーキ)を自動的に作動し、ドライバーを支援するシステム。

ABA5の新しい要素は、レーダーやカメラシステムと連携するようになった点。これにより、車両前方の空間をより正確に監視し、路上の歩行者への対応精度が上がった。

ADAとABA5の導入は、ダイムラー・トラックやダイムラー・グループとの長年にわたる緊密な協力体制がもたらす強みと顧客へのメリットを明確に示したとしている。

ADAとABA5の「スーパーグレート」への搭載は、新型「メルセデスベンツ・アクトロス」に装備された後となり、2019年に実績を重ねた成熟したシステムとして日本の顧客に提供する。

最新ニュース