ヤフオク!/商品をオープン型宅配便ロッカーから発送

2018年09月19日 

ヤフーとヤマト運輸は9月19日、ヤフーが提供するネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」で、商品をオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステ一ション(PUDO)」から発送できるサービスを開始した。

<イメージ画像>
イメージ画像

出品者は、出品時に配送方法として「ヤフネコ!パック」を選択し、かつ落札者が発送方法で「ヤフネコ!パック」を選択した場合、駅など公共スペースに設置された全国3000か所以上の「PUDO」を「ヤフネコ!パック」の発送窓口として利用できる。

今回の新たな発送方法により、これまで以上に発送窓口が拡大し、非対面での受付に対応するなど、幅広いユーザーのニーズに応えることができる。

これまで「PUDO」は宅配便などの受け取りのみの利用に限られていたが、「ヤフオク!」との連携により初めて発送窓口としての利用が可能となった。

「ヤフネコ!パック」は、2018年8月27日から出品者・落札者ともにお互いの住所や名前などの情報を知らせずに商品を配送できる機能「匿名配送」を開始し、10月16日からは出品する際に送料を出品者負担にすることで、全国一律の送料で発送できるようになる。

発送窓口として、「PUDO」の他に全国約4000か所のヤマト運輸営業所や約1万6000か所のコンビ二エンスストアなどが利用可能。

「ヤフネコ!パック」は、2016年2月に開始した「ヤフオク!」で落札された商品の発送で利用できる配送サービス。

「ヤフオク!」を利用する顧客のニーズや商品の形態に合わせ、「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」の3種類の配送サービスを提供している。宛名書きなしのかんたん発送、配送状況の確認などが可能だ。

最新ニュース