商船三井/積載可能トラック台数2割増の新造大型フェリーを就航

2018年09月19日 

商船三井は、グループ会社のフェリーさんふらわあが、新造大型フェリー「さんふらわあ きりしま」を9月15日に就航したと発表した。

<さんふらわあ きりしま>
さんふらわあ きりしま

大阪南港さんふらわあターミナルから、鹿児島県の志布志港に向けて出港した。

新「さんふらわあ きりしま」は、先代と比べて積載可能なトラック台数が2割増加。

5月15日に就航した姉妹船「さんふらわあ さつま」とともに、環境に配慮したモーダルシフトやドライバー不足の受け皿として、また、関西・九州間の物流の担い手として役割を一層強化していく。

■新造船概要
名称:さんふらわあ きりしま
総トン数:1万3659トン
全長:192.0m
全幅:27.0m
喫水:6.8m
航海速力:23ノット
主機関:8830kw×2基
旅客定員:709名
積載車輛数:大型トラック121台(13m換算)、乗用車134台

最新ニュース