商船三井、丸紅/ロシア極東地域でLNGの積替基地実現に業務協力協定締結

2018年09月14日 

商船三井と丸紅は9月14日、Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC (JPPV) と9月5日付で業務協力協定を締結したと発表した。

JPPVは、日本企業によるロシア極東地域への投資を伴う進出を促進することを目的として、国際協力銀行、Far East Investment and Export Agency、Far East and Baikal Region Development Fundの3社で設立された機関。業務協力協定は極東地域でのLNGの積替基地実現に向けてJPPVの知見を活用し、案件を円滑に実現することを目的とするもの。

商船三井と丸紅は2017年11月28日にロシア民間最大のガス生産販売会社ノバテク社とAdvanced Special Economic Zones(ASEZ)に属する地域であるカムチャッカ半島沖合で新設するLNG積替基地の事業化調査を共同で行うことを目的とした覚書を締結しており、この業務協力協定は積替構想の事業化にあたり有用な協定となる。

商船三井と丸紅は日露両国の経済関係深化に寄与すると共に、ロシア極東地域の更なる開発に貢献していくとしている。

■JPPVの概要
社名:Japanese Project Promotion Vehicle in the Far East LLC
設立:2018年3月
所在地:690091 Vladivostok, Okeanskiy Prospekt, 17-403/1
事業内容:本邦企業によるロシア極東地域への投資を伴う進出の促進に寄与するアドバイザリー業務

最新ニュース