関空/貨物上屋、9月14日以降に順次再開

2018年09月13日 

国土交通省は9月13日、関西国際空港の復旧状況等について公表し、関西国際空港の貨物上屋について9月14日以降に順次再開すると発表した。

9月21日を目途に関西国際空港の第1ターミナル北の再開を目指す。

空港アクセス鉄道は、21日目途での運転再開を目指して、9月14日に行われる道路桁2基目の撤去後に、鉄道桁の健全性等を調査し、問題が無いことが確認できれば鋭意復旧工事を進める予定。

<関西国際空港の復旧状況等について(9月13日現在)>
関西国際空港の復旧状況等について(9月13日現在)

第2ターミナルビルは、被害は軽微だったため、9月7日より供用開始し、9月8日より、フェデラルエクスプレスが国際線を再開している。

第1ターミナルビルは、ターミナルビル地下への浸水により、電気設備、空調設備、旅客・貨物取扱設備、防災設備等が損傷した。

排水ポンプ等により排水作業完了し、地下の電気設備を優先して修繕し、空調設備を引き続き修繕している。

<連絡橋道路桁の撤去(1基目)>
連絡橋道路桁の撤去(1基目)

<鉄道桁健全性等調査(1基目)>
鉄道桁健全性等調査(1基目)

最新ニュース