商船三井/露LNGプロジェクト向け砕氷LNG船、「VLADIMIR VIZE」と命名

2018年09月12日 

商船三井は9月12日、中国遠洋海運集団(China COSCO Shipping社)との合弁会社が共同発注した砕氷LNG船を「VLADIMIR VIZE」と命名したと発表した。

<VLADIMIR VIZE>
VLADIMIR VIZE

名称はロシアの北極探検家・海洋学者に由来する。

9月11日に韓国・Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering(DSME社)で行われた命名式で、ヤマルLNGプロジェクトの主要株主であるPAO NOVATEK社のIrina Ershova氏が命名した。

VLADIMIR VIZEは、3月からヤマルLNGプロジェクトのLNG輸送に従事している「VLADIMIR RUSANOV」の後続船で、商船三井にとっての二番船となる。

9月末に竣工し、ヤマルLNG出荷基地のあるロシア・ヤマル半島サベッタ港に向けてベーリング海峡を経由して北極海航路を単独航行した後、同プロジェクトに投入される。

ヤマルLNGプロジェクト向けの船舶については、砕氷LNG船シリーズの最終船となる第三船をDSME社で順調に建造中で、来年同プロジェクトへの投入が予定されている。

さらに、2017年6月に発表した同プロジェクト向けのLNG船4隻についても、上海の滬東中華造船(集団)に社内外から技術者を派遣し、パートナーのChina COSCO Shipping社と共に高い安全意識を持って建造監督を行っており、2019年から2020年にかけて投入される予定だ。

ヤマルLNG出荷基地では、8月から第二系列の稼動も開始しており、順調にLNGの生産が拡大している。

商船三井は、ヤマルLNG出荷基地からの安定的なLNG輸送に寄与していくと同時に、今後さらなる拡大が予測される北極海航路を通じたエネルギー資源輸送・製品輸送の需要にも貢献できるよう積極的に取り組んでいくとしている。

<命名式>
命名式

■VLADIMIR VIZE要目
全長:299.0m
全幅:50.00m
満載喫水:12.00m(氷海航行時)
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万2000m3
アイスクラス/仕様:ロシア船級ARC7/極寒地を対象とした特別仕様
砕氷航行能力:船首砕氷バウ構造、船尾3軸PODプロペラ
最大砕氷能力:氷厚2.1m(後進時)
建造造船所:DSME
船舶管理会社:MOL LNG Transport(Europe)Ltd.
保有比率:商船三井50%/China COSCO Shipping社50%

最新ニュース