第一工業/ディープラーニングによる物体検知AI活用の搬送システム開発

2018年09月11日 

第一工業と東洋電機、アクロクエストテクノロジーの3社は9月11日、IoTアプリケーションプラットフォーム「Torrentio」シリーズの画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用した自動仕分けによる搬送システムを開発したと発表した。

<「Torrentio Video」を活用した自動仕分けによる搬送システムデモ風景>
「Torrentio Video」を活用した自動仕分けによる搬送システムデモ風景

搬送ラインを流れる荷物をカメラで撮影しつつ、その形状や色をリアルタイムに分析・判別する実証実験を行い、物品の自動仕分けに成功。開発にあたって、アクロクエストは、画像・動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用して、分析・判別の自動化を可能にした。

背景には、既存のバーコードやセンサーによる仕分けでは、荷物の形状や色などの判別まではできず、昨今、荷物の内容が多様化する物流業界や、様々な製品を扱う製造業の現場では、その仕分け作業に、多大な労力(人・時間)が必要となっている。

その労力削減や仕分けの精度向上にむけて、第一工業、東洋電機、アクロクエストテクノロジーの3社共同で、カメラ映像を元に、AI(人工知能)技術を活用した自動仕分けによる搬送システムの開発に取り組んだもの。

なお、「Torrentio Video」とは、画像・動画解析AIソリューション。市販のネットワークカメラを利用して、特定物体の検知が可能。エッジ処理で、高速な画像・動画解析を実現する。また、少ない画像サンプルでも、効率的にモデルの構築が可能だ。

最新ニュース