三菱ふそう/タイに中・大型トラックの組立工場新設

2018年09月11日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月11日、タイでタイ市場向け商用車の組立工場の建設を行なうと発表した。

<タイ市場向け「FJ 2528C」>
タイ市場向け「FJ 2528C」

FUSOブランドの現地販売代理店であるダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・タイランド社(DCVT)がメルセデス・ベンツブランドの商用車事業を引き継ぎ、商用車専用に統合された組織となる計画も公表した。

MFTBCは、1200万ユーロ(4億5000万タイバーツ)を投じてタイの経済成長のカギを握る同国中部の経済特区「東部経済回廊(EEC)」に新工場を建設する。

着工は今年10月、竣工は2019年第2四半期を予定している。

新工場施工後は、現在インドで完成車として輸出している中・大型トラックを新工場でKD生産する。

第一段階として、タイの急速に拡大する建設部門向けに今年初めに販売を開始した大型トラック「FJ 2528C」を同工場で組み立てる。

長年にわたり、タイには小型・中型・大型トラックを導入し、市場のニーズに対応している。2015年から同市場向け中・大型トラックは、ダイムラー社が100%出資するインドの子会社ダイムラー・コマーシャル・ビークルズ社のオラガダム工場で生産し輸出と販売を行なってきた。

MFTBCのミヒャエル・カンパー副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長は「東南アジアで追い風となる事業環境と戦略的立地により、タイはMFTBCの成長戦略のカギを握る市場となっている。DCVTの業績は好調であり、今回タイ市場向けの商用車組立工場を新たに建設することで、同国での事業をさらに拡大していく」と述べている。

最新ニュース