国交省/ASEAN物流専門家会合、コールドチェーン物流でタイを支援

2018年09月11日 

国土交通省は9月11日、日ASEAN交通連携の枠組の下で「日ASEANコールドチェーン物流プロジェクト」を推進するため、「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」案について議論を行ったと発表した。

東京で9月5日、ブルネイ、カンボジア、インドネシアなどのASEAN諸国計34名が集まった。

マレーシアで開催された前回会合に引き続き、「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」案について議論を行い、10月にブルネイで開催されるアセアン交通円滑化ワーキンググループでの議論を経て、11月にタイ・バンコクで開催される第16回日ASEAN交通大臣会合に提出することを確認。

このガイドラインを参考として、国土交通省は、現在タイが策定しているトラック輸送でのコールドチェーン物流規格策定に関する支援を行っていくことを発表しASEANから歓迎された。

ASEAN におけるグリーン物流の促進を支援するため、グリーン物流パートナーシップ会議のASEAN 各国での展開やグリーン物流に関するベストプラクティス集について議論を行った。

ASEAN におけるグリーン物流の促進を支援するため、「グリーン物流ビジョン&アクションプラン」 に基づき、我が国のグリーン物流パートナーシップ会議をモデルとして、マレーシアでの同会議開催(2019年7月予定)
に向けて進捗状況を確認するとともに、日本及びASEAN各国が作成したグリーン物流に関するベストプラクティス集を第16回日ASEAN 交通大臣会合に提出することを確認した。

マレーシアにおける第1回グリーン物流パートナーシップ会議の開催に向けて、日本の支援として、会議の開催に向けたセミナー開催(11月下旬予定)と日本の第17回グリーン物流パートナーシップ会議(12月)の視察を行うことを発表した。

さらに、ASEANでの物流人材育成を促進するため「日メコン物流訓練センター」の更なる活用方法について議論を行った。

最新ニュース