メルカリ、ヤマトロジ/中古スマホ検査サービスを「メルカリ」内に導入

2018年09月11日 

メルカリはヤマトロジスティクス(YLC)が提供する中古スマホ検査サービスを「メルカリ」内に導入し、中古スマホをより安心に売買できる「あんしんスマホサポート」を9月11日から提供開始した。

<概要図>
概要図

サービスの概要は、「メルカリ」で中古スマホを販売する際に必要なデータの削除や初期化などの手続き、端末のクリーニングなどを代行して行い、商品の安全性を保証する。

検査業務の中で、中古端末の動作確認など、再流通可否を判断する。業界トップのブランコ・ジャパンライセンスにより確実なデータ消去を行う。

出品者にとっては、データ消去やネットワーク利用診断、故障診断を行うことで、個人情報流出や、販売後に購入者が使用できないといったトラブルを受けることなく、安心して出品できる。

また、「あんしんスマホサポート」を利用すると、データ消去などの煩雑な作業を個人ですることなく、検査、データ消去、クリーニングまで全て任せることができるので、手間なく出品できる。

購入者にとっては、事前に検査を行い、安全性を保証することで、購入後に使用できないといったトラブルがなく、安心して購入できる。

利用方法(出品者)は、販売者は商品を出品する際に、「あんしんスマホサポート」を選択する。その他の手続きは、通常の「メルカリ」出品時と同じとなる。

料金は1台あたり1880円(税込)。

なお、メルカリは、2016年より「中古スマホ取引ガイド」の確認を推奨してきたが、今後も拡大する中古スマホの需要にあわせ、外部サービスを導入し、より安心して中古スマホの取引ができるサービスを提供する。

YLCは、2011年より家電量販店やMVNOを対象とした「クロネコ延長保証サービス」の提供を開始して以来、スマートフォンでは7万件以上の検査(データ消去含む)業務の実績があり、現在も月間約5000件程度の検査を行っている。これまで培った検査ノウハウとヤマトグループの全国ネットワークを活かした中古スマホの流通拡大をサポートするため、今後も中古スマホの検査からデータ消去、目的地へのお届けまで一貫したサービスを提供していくとしている。

最新ニュース