日本GLP/神奈川県平塚市に4.2万m2の物流施設開発

2018年09月11日 

日本GLPは9月11日、神奈川県平塚市に延床面積約4万2000m2の先進的物流施設(仮称)「GLPツインシティプロジェクト(厚木III)」の開発を行うと発表した。

<(仮称)「GLPツインシティプロジェクト(厚木III)」パース>
(仮称)「GLPツインシティプロジェクト(厚木III)」パース

総開発費用は約85億円で、2019年10月の着工、2020年11月の竣工を予定している。

都心部から約40kmの神奈川県平塚市のツインシティ大神地区内に所在し、首都圏と中部、近畿圏を結ぶ東名高速道路厚木ICから約3.6km、新東名高速道路厚木南ICから約2.2kmと、物流拠点開発地として恵まれたアクセスを有する優れた立地。

加えて、今後予定されている新東名高速道路の全線開通により、さらなる交通利便性の向上が見込まれる。

施設は、地上4階建てで、2階にはスロープでアクセスができ、最大4テナントまでの分割利用が可能。

3階を2t/m2の重荷重対応に設定し、縦搬送を強化する分速60mの高速荷物用エレベータを配置することで、幅広い種類の荷物に対応し、運搬・保管効率を向上させる。

全館に人感センサー制御のLEDを採用し、使用電力を抑制する。就労環境への配慮としては、庫内に大型シーリングファン「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」を設置することで快適性を高めるほか、施設内で働く人に加えてドライバーも休憩に利用出来るよう1階にカフェテリアを設ける予定。

日本GLPの帖佐義之社長は、「(仮称)GLPツインシティプロジェクト(厚木III)は、巨大消費地である首都圏への配送に加えて、中部、近畿圏を含めた広域配送にも対応できる、いわゆる物流適地に立地。物流オペレーションの効率性の向上を追求しつつ、働く人の快適性、安全性にも最大限配慮し、多様な物流オペレーションに対応する施設作りを目指す」と述べている。

なお、日本GLPは神奈川県下で、この施設を含め合計14棟の物流施設を開発・運営している。

(仮称)GLPツインシティプロジェクト(厚木III)ではCASBEE(建築環境総合性能評価システム)神奈川県の「A」ランクを取得予定だ。

■(仮称)「GLPツインシティプロジェクト(厚木III)」の施設概要
所在地:神奈川県平塚市大神
敷地面積:約2万m2
延床面積:約4万2000m2
構造:耐震・鉄骨造
着工:2019年10月(予定)
竣工:2020年11月(予定)

最新ニュース