ラクスル/運送事業者向けにカーチャージャーなど割引販売

2018年09月11日 

ラクスルとスマートフォン・タブレット関連製品の販売を手がけるアンカー・ジャパンは9月10日、「Empowered Ventures Program(エンパワード・ベンチャーズ・プログラム)」のアライアンスパートナーシップを締結すると発表した。

スタートアップ企業とアンカー・ジャパンが互いの事業内容や強みを活かし合いながら、新たなビジネスチャンスの創出に向けて協働する未来志向型の取り組み。

ラクスルのネット運送・配送サービス「ハコベル」を担う運送事業者が、Anker公式オンラインストアでカーチャージャーとUSBケーブルを割引購入できる特別施策を協働実施し、ドライバーがより快適に業務に臨めるよう車内環境作りをサポートする。

ハコベル事業本部ハコベル事業部の狭間健志部長は「ハコベル事業は2015年から開始し、数1000台のトラックに登録・活用されている。今回、さらなる運送会社やドライバーの利便性向上を目指し、このプログラムに参加した。エンパワード・ベンチャーズ・プログラムを通じて、アンカー・ジャパンと共に運送会社・ドライバーの毎日の活動に必須な機器類を提供し、生産性をアップしてもらうという目標を実現していきたい」と話した。

最新ニュース