鴻池運輸、ナビタイム/特殊車両通行許可ルート表示機能搭載ナビ開発

2018年09月10日 

鴻池運輸とナビタイムジャパンは9月10日、ナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューションをベースとした、特殊車両通行許可ルート網の作成・登録が可能なナビゲーションシステムを共同開発し、このほど鴻池運輸の一部車両で実運用を開始したと発表した。

<ベースとなるビジネスナビタイムサービスの全体像>
ベースとなるビジネスナビタイムサービスの全体像

<特殊車両通行許可ルート表示機能イメージ>
特殊車両通行許可ルート表示機能イメージ

これは、膨大な通行許可証に基づく運行ルートの作成、地図へのプロットと車両ごとの実績管理など、特殊車両の遵法かつ安全な運行確保への大きな負担となっていた課題を解決するために、鴻池運輸がナビタイムジャパンに開発協力を依頼して実現したもの。

申請経路の増加に伴い管理が煩雑となっている通行許可ルート情報を、ビジネスナビタイムのシステム上で車番と発地・経由地・着地に紐づけて登録することにより、車両ごとの通行許可ルートデータがドライバーのスマートフォンの画面上に表示できる。

地図への手書きなどで指示されていたルート情報が、確実・迅速にペーパーレスでドライバーに提供され、ドライバーがより運転に集中することで安全運行を支援するとともに、ドライバーの習熟度に関わらず、確実に許可ルートを運行できるというコンプライアンス強化にも効果が期待されている。

さらに、運行管理者にとっても、1.簡単操作で配車計画作成が可能、2.ドライバーへの配車指示が簡単確実に(ドライバーのスマホに表示)、3.車両ごとの最大1年間の運行実績と許可ルートの表示による、詳細な実績管理、4.各ルートごとの有効期限が表示され、申請切れを未然に防止など、これまで課題となっていた煩雑な作業が大幅に簡便化できるメリットがある。

鴻池運輸はナビタイムジャパンと共に同システムの改善を図り、グループの特殊車両への本格導入を目指す。またナビタイムジャパンは、今後、この連携機能の検証を重ねて本格販売につなげていくとともに、業界のニーズに合わせた機能拡充を行い、安心・安全に働ける環境づくりに貢献したいとしている。

最新ニュース