日通/中部国際空港内の物流センターに新棟竣工

2018年09月07日 

日本通運は9月7日、愛知県常滑市の中部国際空港(セントレア)内貨物エリアに立地する中部空港物流センターで、新棟を建設し、9月5日に竣工したと発表した。

<新倉庫>
新倉庫

新棟の建設で倉庫面積を1670m2増床し、既設部分と合わせて総面積5160m2に拡大した。

今後は、ものづくりが盛んな中部エリアのさらなる発展とともに、新棟の建設で自動車・工作機械・航空機・生鮮品ほかさまざまな貨物や幅広い荷主のニーズに応え、安全・迅速な活用を実践していく。

中部空港物流センターは、キャリア上屋からの保税転送手続きが簡便な総合保税地域である中部国際空港内の貨物エリアに位置。

空港開港当初から現在に至るまで、輸出・輸入貨物を取り扱ううえで、同社の中部エリアの中核となる上屋として機能している。

■中部空港物流センター
所在地:愛知県常滑市セントレア3-12-4
敷地面積:1万2000m2(増設5000m2、既設7000m2)
倉庫面積:5160m2(増設1670m2、既設3490m2)
構造:鉄骨造
主要設備:車上通関スペース(大型25台分)、冷蔵庫(2庫:37.45m2、35.16m2)、ワークステーション2基

最新ニュース