三菱製紙/生産工場から配送距離に応じた輸送調整金を導入

2018年09月07日 

三菱製紙は9月7日、生産工場からの距離に応じてその一部を負担してもらう調整金制度を導入すると発表した。

これまで輸送コストは製品価格内に全て包含していたが、継続的な製品輸送力確保のためには、従来の製品価格に加えて、生産工場からの距離に応じてその一部を負担してもらう新たな調整金制度の設定が必要と判断したもの。

調整金額は製品価格と同時に請求し、輸送コスト動向を勘案して半年毎に見直す予定。

■概要
対象製品:印刷・情報用紙全般
実施時期:2018年9月21日 出荷分より
調整金額:八戸工場・高砂工場・OEM先工場を基点とし、配送先の地域別にkgあたり単価を設定

最新ニュース

物流用語集