伊藤忠アドバンス・ロジ/東証不動産投資信託証券市場に上場

2018年09月07日 

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人は9月7日、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場したと発表した。

投資法人は、伊藤忠グループの有する2つのプラットフォームを活用し、伊藤忠グループからの物件供給やリーシングサポートを通じて、投資法人の持続的な成長を目指す。

このうち、「不動産・物流プラットフォーム」は伊藤忠商事の建設・物流部門で構築されている不動産の用地仕入、施設開発、リーシング、物流オペレーション。

「商社・商流プラットフォーム」は、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事が携わる様々な分野のビジネスで関わる10万社に及ぶ豊富な取引顧客網及び各顧客と経営レベルで構築した取引関係となる。

投資法人は、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事を中心とする伊藤忠グループと「拡張的協働関係」を構築し、物流不動産をはじめとした物流インフラを発展させることで豊かな社会づくりに寄与すると共に、投資法人の投資主価値の最大化とJ-REIT市場の健全な発展に貢献する。

最新ニュース

物流用語集