リンガーハット/9.2億円投じ、佐賀県吉野ヶ里町に新工場建設

2018年09月03日 

リンガーハットは9月3日、佐賀県吉野ヶ里町に新工場を建設すると発表した。

<(左)リンガーハットの秋本英樹社長、(右)吉野ヶ里町の伊東健吾町長>
(左)リンガーハットの秋本英樹社長、(右)吉野ヶ里町の伊東健吾町長

8月28日に同町と、進出協定を締結した。

投資額は9億2000万円で、2019年6月の稼働を目指す。

新工場はリンガーハットで使用する「もやし」などを製造している鳥栖工場の建屋の老朽化を受けて建設。

一層の品質の高い太くて根が短いもやしをつくるために自動化を推進し、もやしの製造方法を抜本的に変更する。

2020年度までに15人を新規雇用し、年間3億円の出荷を目指す。

なお、同社は吉野ヶ里町に既存の佐賀工場があるが、同工場の敷地拡大が困難だったため、近隣の土地を新たに取得した。

■新工場概要
進出地:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町石動字二本松2022-98
敷地面積:7588m2
建物面積:1372m2
投資額:9億2800万円(土地7800万円、建屋・設備8億5000万円)
事業内容:もやし製造・豆腐製造
計画出荷高(年間):2019年度2億円、2020年度3億円
進出時期:8月
設備竣工:2019年4月
操業開始時期:2019年6月

最新ニュース