シアンス・アール/スマホIP無線がSBSゼンツウに採用

2018年09月03日 

クラウドサービスとソフトウェアプロダクトを提供するシアンス・アールは9月3日、独自開発したスマホIP無線「Aldio」がSBSグループのSBSゼンツウに採用されたと発表した。

<操作イメージ>
操作イメージ

SBSゼンツウは、SBSグループのSBSロジコムが提供する、車両の動態管理ができる物流シェアリング・プラットフォーム「iGOQ」も同時に採用しており、 スマートフォン1台で、音声の業務連絡、車両動態管理の2つを実現した。

Aldioは、“現場が変わる“というコンセプトのもと、音声でのリアルタイムな情報共有ができる、スマホIP無線サービス。

航空、鉄道をはじめとし、建設、流通店舗などの業務コミュニケーション基盤として、屋内外問わず24時間365日稼働しており、同時に数千名への一斉連絡を行う大規模ユーザーや、 秒単位の細かい指示が必要などの現場で活用されている。

その特徴は「スマホにアプリをインストールするだけで利用開始」「Android、iOSで利用可能。au、ドコモ、ソフトバンク、全キャリアに対応」「世界中が通話エリア」「通話内容の履歴をいつでも確認可能」できる。

Aldioは他社のプラットフォーム、および、AI、IoTソリューションとの連携も含めた拡張を続け、iGOQと合わせて物流業界のデファクトスタンダードのプラットフォームになるべく、 サービス提供を進めていくとしている。

SBSゼンツウでは、各ドライバーにAldioをインストールしたスマホを持たせ、毎日、南大沢のセットセンターでセットされた荷物を、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、福島、静岡、山梨、新潟、全61の管理センターへ配送している。

一般の道路を使って配送業務を行っているので、事故を起こさないことが義務であると考え、出庫時の安全宣言にAldioを活用している。 また、目的地到着時や終了時にも、ドライバーと管理側で情報を共有したり、各センターへの到着時には、納品時間をコントロールするための待機連絡にも使用している。

■製品仕様
アプリ名:Aldio
対応OS:Android、iOS
管理ツール:Windows PC
販売価格:問い合わせ
提供会社:シアンス・アール
TEL:03-5846-9670

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集