ZMP/自動運転車用製品開発・検証用にプラットフォームを提供

2018年08月31日 

ZMPは8月31日、自動運転車両の普及する時代にむけ、自動車関連メーカーが様々な自動運転車用製品を実際の自動運転車両上で開発・検証するための自動運転プラットフォームと、顧客がプラットフォーム上で製品検証を継続的に実施していけるような技術サポートの提供を開始すると発表した。

<自動運転車両用製品開発向け自動運転プラットフォームの構成と、技術サポートの概要>
自動運転車両用製品開発向け自動運転プラットフォームの構成と、技術サポートの概要

このプラットフォームと技術サポートを活用することで、自動車関連製品の開発者は、計画した自動走行をする実際の車両上での製品検証を行うことが可能になる。

同社は、これまで自動車関連メーカーのR&D部門を中心に、自動運転開発プラットフォーム「Robo Carシリーズ」やステレオカメラ「Robo Visionシリーズ」をはじめとした各種センサの販売、そしてそれらを組み合わせて顧客の要望にあわせたシステム開発を行う「自律移動技術適用支援サービス」、さらに自動車開発・検証用の走行データ収集サービス「Robo Test」などを提供してきた。

自動運転プラットフォームと技術サポートは、これまで開発してきた自動運転技術に加え、顧客への自律移動技術の適用プロジェクトなどを通して蓄積してきたノウハウを、システムとサポートの観点で、自動運転車両システム、遠隔管理システム、継続的な技術サポートの3つの要素にまとめて提供する。

自動運転プラットフォームを活用することで、顧客は自動運転そのものの技術に精通していなくても、来るべき自動運転車普及の時代にむけ、自動運転車両向けの車内外の製品開発に専念していくことができる製品・サービスとなっている。

■価格情報
自動運転車両システム:5000万円~(車両システムはリースでの導入も可能)
遠隔管理システム:要問合せ
技術サポート:要問合せ

■問合せ先
ZMPプラットフォーム事業部
TEL:03-5844-6210
info@zmp.co.jp

最新ニュース

物流用語集