関西スーパー/神戸市北区に食品加工センター竣工

2018年08月29日 

関西スーパーマーケットは8月29日、子会社KSPの「神戸セントラルキッチン」を竣工した。

<神戸赤松台センター>
神戸赤松台センター

施設は、1階に「炊飯・米飯製品」を製造する「神戸セントラルキッチン」と3階に「野菜・果物の加工製品」を製造する「神戸プロセスセンター」がある。

2階には見学者通路を設け、この施設全体の総称を「神戸赤松台センター」としている。

9月9日から試験稼動を行い、9月18日から「炊飯・米飯製品」と「野菜・果物の加工製品」を供給開始する。その後、順次供給店舗を拡大し、11月下旬に全店へ供給する。

施設では最新鋭の機器で生産性の向上を図るとともに、衛生区、準衛生区、汚染区の「陽圧・陰圧」コントロール、ワンウェイ動線レイアウト、HACCPの認定取得を念頭に金属探知機やX線探知機での2重チェック体制を導入、安全で安心な製品の供給を目指す。

■神戸赤松台センターの概要
住所:兵庫県神戸市北区赤松台1-2-25
建物構造:鉄骨造3階建て
延床面積:3933.01m2
製造品目
「神戸セントラルキッチン」:巻寿司、いなり寿司、助六、ちらし寿司、おにぎりセット、半製品、キット製品
「神戸プロセスセンター」:ミニトマトのパック製品、かぼちゃのブロック、スライス製品、各野菜の小分け製品

最新ニュース