コープデリ/物流センター内に、従業員用保育施設を設置

2018年08月28日 

コープデリ生活協同組合連合会は8月28日、物流子会社の協栄流通が千葉県野田市の野田船形物流センターに勤務する協栄流通の従業員向けの保育施設「キッズルームのだ」を9月2日に開設すると発表した。

<野田船形物流センター>
野田船形物流センター

野田船形物流センター

<キッズルームのだ。遊具や椅子、テーブル等を設置>
キッズルームのだ。遊具や椅子、テーブル等を設置

開設する「キッズルームのだ」は、野田船形物流センターの今後の雇用拡大を想定し、子育てしながら働く従業員を支えるために設置したもの。

託児の対象は0歳児~未就学児とし、従業員の契約体系に合わせて就業前に幼児を預かるシステムを整えた。

なお、連合会の会員生協であるコープみらいが埼玉県内の宅配センターや店舗に事業所内保育施設(託児所)7か所開設しているが、物流センターに託児所を設置するのは小山物流センターに続き2か所目となる。

■「キッズルームのだ」概要
開設日:9月2日
所在地:野田船形物流センター内1階
    (千葉県野田市船形1642-1)
事業の種類:企業主導型保育事業
施設の内容:保育室(保育年齢別に3区画)、調理室、園庭(100m2)
定員:19名
対象者:協栄流通所属のパート・アルバイト社員
対象年齢:0歳児(生後6か月)~未就学児
開園時間:日曜~木曜 8:30~18:00(センター稼働日)
延長保育:18:00~19:30
休園日:金曜・土曜・年末年始
運営:キッズコーポレーション

最新ニュース

物流用語集