ミズホメディー/9億円投じ、福岡県久留米市に工場・研究所建設

2018年08月27日 

ミズホメディーは8月27日、福岡県久留米市で検査キットの新工場・研究所を建設すると発表した。

投資額は9億円で、9月着工、2019年5月の竣工を予定している。

新工場では国内製造販売承認を取得し、発売に向け準備中の遺伝子検査キット「スマートジーン Myco」と、近年、売上増加が著しい感染症迅速診断システムの専用機器(クイックチェイサー ImmunoReader等)を用いる検査キット「クイックチェイサーAutoシリーズ(富士フイルム向け製品を含む)」を生産し、両製品の安定供給を図る。

また、遺伝子POCT検査での各種感染症項目の開発を始め、評価・改良を含めた継続的な研究開発のため、建物内に研究施設を設ける。

建設用地は2億8200万円で1月17日に取得済み。

■新工場・研究所の概要
名称:ミズホメディー久留米工場・遺伝子研究所(仮称)
所在地:福岡県久留米市藤光町735-13
敷地面積:1万10m2
延床面積:4660m2 鉄骨造2階建(予定)
投資額:9億円(建物・建物付属設備等)
資金計画:自己資金及び借入金により充当
着工:2018年9月
竣工:2019年5月

最新ニュース

物流用語集