三菱ケミカル/フィルム製品値上げ、物流費上昇も一因

2018年08月27日 

三菱ケミカルは8月27日、フィルム製品について、価格改定を実施すると発表した。

<フィルム製品の価格改定>
フィルム製品の価格改定

カプロラクタム(ナイロン原料)価格の高騰により、製品の原料であるナイロン樹脂の価格が上昇していることに加え、電力・燃料費・物流費等も上昇し、製品の製造コストを押し上げ、事業の採算を圧迫。

これまでも継続的なコスト削減に鋭意努力してきたが、現在の価格体系では安定的な製品供給が困難と判断し、価格を改訂する。

最新ニュース